カードローンナビ

個人向けカードローンの年齢制限

多くの金融業者が提供している個人向けカードローンは、個人としての消費をサポートするために用意された商品です。旅行やショッピング等の遊興費に分類される様な利用も認められており、生活に潤いを与える事が出来ます。運転免許証等の身分証明書一点での申し込みが可能であり、連帯保証人や担保物件は準備する必要はありません。

個人向けカードローンは、年齢制限が課せられている商品です。上限については商品ごとに異なっていますが、最低でも20歳以上である事が求められています。社会人であっても未成年である場合は、申込み条件を満たしていないので利用する事が出来ないというのが一般的です。

未成年が利用できないのは、民法第5条第1項の未成年者の法律行為の条文が関係しています。未成年者は法定代理人の同意なしで法律行為をする事は出来ないとされており、単独で行った場合は後で取り消す事が出来るという内容です。単独での契約手続きを行う事が出来ないという事になるので、未成年者の利用は認められていません。

個人向けカードローンのルール

個人向けカードローンは、指定された日に借入残高に応じて決定される金額を返済するというのが利用する上でのルールです、このルールを守って利用できるだけの能力が求められます。毎月の指定日に返済できるだけの収入を得ている事が利用するための条件となるので、安定した収入を得ているという事が必要となります。

ただし、安定した収入とは正社員という事を指しているわけではありません。アルバイトや派遣社員であっても継続的に収入を得ている場合は、安定した収入を得ていると認識されます。これらで収入を得ている場合は、主婦や学生であっても個人向けカードローンを利用する事が出来ます。

個人向けカードローンは個人消費をサポートするための商品であり、事業性資金としての利用は認められていません。定期的に収入を得ている事業主も利用する事は出来ますが、個人としての利用に限定されています。